仮想通貨と匿名性

投資としては勿論、商品の購入やサービス代金の支払い、個人間送金など様々な用途で使える通貨としても注目を集めているのが、仮想通貨です。
仮想通貨の中でも、最もメジャーなビットコインの場合、ビットコインアドレスさえあれば個人情報を教えることなく送金手続きを行うことができます。
そのため、個人情報を守った状態で送金をしたい時などにも、便利に使える通貨としても人気となっています。

匿名性の高い通貨とも言われるビットコインですが、仮想通貨というのは誰にも知られずに取引ができるものはありません。
ビットコインの取引記録は、ブロックチェーンに記録をされています。次々と作られるブロック状のデータを、鎖で繋ぐような形で保管する技術、ブロックチェーンというのは誰でも閲覧可能なものです。

ブロックチェーンは特定の管理者などが設定されておらず、参加をする人全てがデータを共有する形となっています。
様々な場所にデータのコピーがある状態となるため、これまでの取引データを改ざんすることは出来ず、いつまでも正確なデータが残り続けます。

ビットコインアドレスが分かっていれば、そのアドレスから通貨の流れなどを遡ることができるため、過去の取引を隠したり、なかったことにすることはできません。そのため、仮想通貨の動きは誤魔化しようのないものと考えておくことが大切です。

誰でも過去の取引履歴を遡ることができるため、仮想通貨は脱税が難しい通貨と言われています。ただ、仮想通貨の動き全てが見張られている訳ではありません。
履歴の確認が行われるのは、仮想通貨によって利益を得ているのではないかと疑われた場合です。SNSなどで仮想通貨で儲けたなどの話題を出していれば、そこから疑われる可能性があります。

ただ、履歴を遡るためにはビットコインアドレスなどの情報が必要となります。
ビットコインアドレスと個人情報を紐づけていなければ、追跡をされない可能性もありますが、わざと泳がされていることもあるので注意が必要です。

仮想通貨で出た利益に関する申告を行っておらず、もしバレたらと不安を感じてるのであれば、早めに自分から申告をしておくことがおすすめです。
意図的に申告をしていないことが発覚すれば、延滞税などが加算されより多くの税金を納めなければいけない状態となってしまいます。
匿名性が高いと言われる仮想通貨ですが、取引記録に関してはそのままの形で残り続けることを理解しておくことが大切です。

SNSでもご購読できます。